精子を顕微鏡で観察してみました

だいぶ、いきつくとこまでいきついてる感がでてる気がしましたが、

顕微鏡買って我が子ら(精子)を観察してみました


ちょっと埋め込みだと小さいので、右下のyoutubeで視聴するボタンなどで画面いっぱいの環境で観たほうが見やすいかもです。

今回購入した顕微鏡がこちら↓

ミザール ML顕微鏡 ML-1200

顕微鏡はピンきりでありますが、どうせやるなら本格的に、ということで結構いいものを買ってしまいました。というか、精子・精液を観察するには、それなりの拡大率と質の高い顕微鏡が必要そうだったので。この顕微鏡だと付属のレンズで、100倍から1200倍まで拡大して見れます。

1匹の細かい形などは見えないですけど全体的な濃さ(精子がどれだけいるか)見るのには、200倍くらいがちょうどでした。

最大の1200倍まで試してみて、そちらだと大分1匹の形まで見える感じです。ただ観察のテクニックはどんどん難しくなる(ピント合わせとか、いるところを捉えるとか)。

大きい倍率で見ると、

  • 素直に前進してるやつ
  • 蛇行したかんじで動いてるやつ
  • 落ち着きのないやつ
  • ゆっくりで元気なさげなやつ

と、いろんなやつがいるなぁとわかりました。

顕微鏡での観察方法

ふつーに理科の実験とかと同じで、スライドガラス(細長い板のガラス)に、精液を適量たらして、カバーガラス(薄い正方形のガラス)をかぶせて観察できました。
精液の厚みで精子の動きはそのまま動画のように見れるんですね。

撮影は顕微鏡の接眼レンズごしにスマホで撮影してるだけです。
ちょっとした手のブレで、撮影がずれるので、本来はスマホの顕微鏡アダプタなどがあると理想です。(というか、安いアダプタも買ってみたんですが、全然固定されなくて、結局手で撮影しました)

今後も定期的に観察して、どんなときに元気なやつらが多いのか、つかめていけたらなぁと思っとります。

追記:
この顕微鏡以外にも精子観察する方法はいくつかあります。そちらもお試ししておりますのでよろしければどうぞ↓。

精子観察キット「micra FIRST STEP」を使ってみた
「TENGA メンズルーペ」で精子観察してみました