スポンサーリンク

体外受精・顕微受精説明会へ参加

東京都の木場公園クリニックで行われたART(体外受精・顕微授精)説明会に参加してきました。
すでに人工授精へステップアップして2回結果がでてないので、つぎのステップとしてはARTとなるので、まぁ準備の意味も込めてですね。

ちなみにARTはAssisted Reproductive Technologyの略で、人工的な手がかかった受精させる技術のことをさしてます。人工授精は人工的ですが、その人工的な手助け度が小さいためARTには含まれないみたいです。

で、勉強した内容をまとめておこうとおもいます。

スポンサーリンク

手法について

体外受精も顕微受精もそれぞれ、大きな流れは、ご存知の通り、排卵した卵子を採卵して、体外で人工的に精子とであわせてあげて、受精卵となれば体内にもどしてあげるといった方法です。

ですがそれぞれの手順にはいくつかの手法があります。

まず、採卵の手法にもいろいろあります。大別すると、高刺激法と低刺激法と自然周期法に別れるようです。

高刺激法は、薬や注射をつかって、排卵を誘発したりタイミングを調整したり、強めに人工的な手を入れて排卵させてしまおうというもの。高刺激というだけあって、身体の負担も大きそうでした。が、そもそも採卵できないのでは何も始まらないので、採卵の可能性を上げる必要がある場合などにこの手法を用いていくことになりそうです。

低刺激法も薬や注射は使いますが、高刺激法よりは威力が小さいもの、といった印象でした。

自然周期法は、詳細はきいてないですが、まぁ自然に排卵したものを使うということでしょう。

女性のそれまでの排卵の実績等を考慮して手法を選択していくことに鳴ると思います。

ここまでで、採卵できて、いよいよ男性側の精子くんたちに活躍してもらわねばなのですが、ここからも幾つかの選択肢があります。

通常体外受精

まんま、採卵した卵子に、別途射精した精子から良質なものを選別してふりかけるだけ、という手法です。卵管を通ったりして卵子にたどりつくところまでを省略してあげた感じですね。

顕微受精

採卵した卵子に、ものすごく細い注射で、選び抜かれた一匹の精子くんを注入する方法です。体外受精に対して、さらに受精フェーズも手助けしてあげてる感じです。

IMSI(高倍率での顕微受精)

通常の顕微受精は400倍程度の顕微鏡で良質な精子を選び抜くらしいのですが、IMSI(イムジーという)では6000倍とかそんなレベルまで拡大して、さらに詳細に、例えば遺伝子状態に問題が起きないかなどまでみて、精子を選ぶ方法です。精子を選ぶ手順以外は顕微受精と同じだと思います。
この手法はこの説明会にいってはじめて知りました。

体外受精と顕微受精両方(スプリットICSI)

採卵は(採れるなら)1つというわけではないので、その卵子を体外と顕微に半々にわけて行うという手法です。体外のほうが理想だけど、顕微受精でもさらに保険かけておきたいなぁ、といった発想で、優柔不断な(日本)人に有効そうな一挙両得な方法です。

他にもレスキューICSIという方法を見たことはあるのですが、今回は説明がありませんでした。

やるとなったらこういった手法から選んでいくことになるみたいです。

料金について

いやーある程度想定はしてましたが、その上をいきました。

顕微受精
49万円

体外受精
38万円

スプリットICSI
44万円

で、これだけ最初見たときは、まぁそれくらいかかるよねぇ、と思ったんですが・・

なんとこの他に、採卵の過程の費用や、ART実施にあたっての各種事前検査で別に約50万程度かかるとのことでした。もちろん事前検査はすでに実施済みなら、その結果を使うのでもう少し安くなったりはするみたいですが、まぁせいぜい-10万円といったところかなという印象でした。

で、トータル費用でざっくりだすと、

高刺激法を用いた場合
約110万円

低刺激法を用いた場合
約90万円

とのことでした。高刺激法の方が投与する薬等の費用が高いためこれくらいの差になるみたいです。

まとめ

こういった一連のシステムの説明の後、院長の講演もありました。
なかなか話慣れてて、話自体も面白かったですし、経歴、考え方ともにすばらしい印象でした。

「不妊治療に全力になりすぎない。」
「二人で納得して、いっぱい話し合って、どういった手法をとるか考える。」
「ネットや様々な情報をうのみにしすぎない。」
「精子も卵子も身体からできてる。心身の健康を大事に。」

このへんの言葉が印象に残ってます。(もっといいこともゆってた気もする)

そんなわけで木場公園クリニック自体は技術や考え方も悪くないんでしょうが・・・

とにかく、想定より料金が高かったのが参りました。

それからやっぱり女性の体への負担がすごそう&人工的操作感がすごいなぁ、という印象でした。高刺激法とかやると、1ヶ月に生理は2回来ることになるけど気にしないで、ってことでしたw、すごい。

しばらくは、院長がいってたとおり、自分の身体みがきしながら、人工授精でがんばってこうと思いました。