スポンサーリンク

糖質制限と精子・妊娠への好影響

こんにちは、ケイジです。

断食やカロリーリストリクションの話題をなんどか当サイトでも取り上げてきたとおり、食べ過ぎは体に毒です

今回はその中でも、「糖質」について。

糖質制限ダイエットが流行ったり、糖質制限は体に良い、という話が一時期ありました。その精子や妊活への影響はどうなのでしょう。

気になる文献がいくつかあったので今回はそちらをご紹介します。

スポンサーリンク

糖質の多い食事が、精子濃度・精子の運動率の低下へ影響するという報告

アジア人を対象として、いくつかの食事パターンに分けた場合の精子への影響を報告した論文があります。

The Association between Dietary Patterns and Semen Quality in a General Asian Population of 7282 Males
食事パターンと精子の質との関係(上記論文の日本語解説)

上記の論文の結果部分の日本語訳が以下です。

結果
全7282名の男性に食事パターンに関するアンケートを実施し、それぞれの精子検査を行った。 「欧米式の食事」が多いほど、精子濃度および精子正常形態率の低下が生じた。 同様に、「甘いお菓子や甘味飲料(ジュース等)」の摂取量が多いほど、より低い精子濃度となる関連性があった。「高炭水化物食」の摂取量の増加は、異常な精子運動率および前進精子運動率、の増加と関連していた。 同様に、「高ナトリウム食(インスタント食品等)」の摂取量の増加は、異常な精子正常形態率の上昇と相関していた。

糖質以外でも、いくつか気になる点はありますが、今回は糖質に関して注目すると、

高糖質の摂取、すなわち炭水化物や甘いお菓子の摂取、によって精子濃度の低下や精子運動率の低下が招かれる

という結果です。

サンプル数が多いことと、アジア地域ということで我々日本人に近しいサンプルであること、から、かなり有効な検証結果である、と考えています。

糖質の摂取量が多いほど男性の精子濃度が低くなるという報告

糖質摂取量が多いほど精子濃度が低下する、と結論づけた報告があります。

調査で、食物摂取頻度調査で糖質の摂取量と精液の質との関係を調べました。
糖質の摂取量を4段階に分けたところ、糖質の摂取量が多くなるほど、精子濃度が低くなることがわかりました(49、47、37、35)。
このことから糖質の摂取量と精液中の精子濃度が関連していると結論づけています。
引用:▼糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連

食事パターンの精子への影響の調査結果と合わせると、やはり糖質摂取量は精子の質・精子濃度に影響するという結果が、確かなもののような気がしてきますね。

糖質制限することで胚盤胞への到達率が挙がった報告

精子だけでなく、糖質制限が胚盤胞達成率へ影響したという報告があります。

これまでの体外受精で良好な胚盤胞が育ちにくかった12名の35歳未満で、健康な女性患者を対象に、食物摂取頻度調査を受けてもらい、たんぱく質と糖質、脂質の摂取バランスを調べ、2か月間、糖質を減らし、たんぱく質を増やすように食事指導を受け、体外受精に臨みました。

そして、成熟卵の数や胚盤胞到達率を前回の治療と比較しました。

たんぱく質の摂取カロリーは平均16%増加し、3大栄養素に占める割合は、15%から27%に増え、反対に、糖質は平均22.3%減少し、割合は48.6%から40.1%に減りました。

その結果、胚盤胞到達率は18.9%(20/106)から45.3%(48/106)へと向上したとのことです。

このことから、年齢の割には良好な胚が成育しない患者においては、次の治療周期をはじめる2か月前からたんぱく質を増やし、糖質を減らすことで、胚盤胞到達率が改善され得ると結論づけています。
引用:▼糖質の摂取量と胚盤胞到達率との関連

残念ながらサンプル数が少ないですが(12名)、胚盤胞達成率の変化がすごいです。

18.9% → 45.3%

こちらの場合、糖質制限だけではなく、タンパク質の摂取量を増やしているという点もポイントですね。

参考:糖質制限食が胚盤胞到達率を上げる

糖質制限をしよう

上記の報告から、いずれにしても

糖質制限は精子の質向上や妊活へ好影響がある

といって良いと思います。

というわけで実際に糖質制限していきましょう。どうすれば良いのでしょう?

詳細は、糖質制限を解説したサイトがたくさんありますのでそちらに譲りますが、自分で意識するに当たっても、簡単にまとめておきましょう。

糖質制限中控えるべき食べ物

控えるべき食べ物、すなわち糖質が多い食べものです。

  • ご飯、パン、麺
  • イモ類
  • お菓子、ケーキ、アイスなどの砂糖が多いもの
  • 甘味飲料
  • 調味料(特にみりん、ソース、ケチャプ、カレールーなど)
  • アルコール類
  • レバー類

果物が微妙なところで、糖質は高いのですが、果糖であるため、食べすぎなければすぐにエネルギーとして使われて問題ないものらしいです。

また、野菜も根菜やトマト、かぼちゃなどは糖質自体は高いようです。しかし、今回の目的の妊活に関しては栄養素豊富で明確に食べないべきものとはしません。トマトは抗酸化作用もあって精子には良い食品です!

糖質制限中に食べるもの

じゃあ逆に何を食べればいいの?となってしまわないように、食べても良いものも挙げておきましょう。

  • 油の少ない牛肉、豚肉、鶏肉
  • 油の少ない魚
  • 野菜(ただしトマト、かぼちゃなど糖質が多いものもある)
  • きのこ類
  • 大豆食品(豆腐、納豆、おから)
  • こんにゃく
  • 穀物系ならブランパン
  • アルコールならワインか焼酎

ざっくりとまとめると、糖質制限中は、

炭水化物や甘いものの代わりに、タンパク質や野菜を中心とした食事に変えるとよさそう

ですね。

参考サイト

糖質制限時に食べていいもの、食べてはいけないものまとめ
糖質の多い食品と少ない食品

まとめ

今回は糖質摂取に対する精子・妊娠への影響を見てきました。

統計データとしては、糖質の多量摂取が精子の質、特に精子濃度と運動率低下への影響がでやすいということでした。また、糖質を抑え、タンパク質に比重を置いた食事とすることで胚盤胞達成率もあがる傾向があります

この結果を受けて、我が家では、特に晩御飯のときに糖質制限をしてみる方針です。ご飯抜きかな・・(泣)。糖質制限にかかわらず、夜の食事を軽くすることは、体への負担を軽減しやすくなりますので、それと合わせてという感じです。

「我々の体は我々が食べたものでできている」という基本的なことを忘れず、食生活は今後も常に見直して行きたいと思います。それでは今回はこのへんにて。